Rockfish HATA HEAD

Rockfish HATA HEAD

《2017年5月発売予定》
AGO Productsが2017年春に満を持して発売するヴィードロイズムロックフィッシュハタヘッド!
このジグヘッドは、カサゴ、アイナメ、ソイ、ハタ類といったロックフィッシュを狙うために開発されました。特にアコウ(キジハタ)、オオモンハタ、アカハタなどをショア(陸っぱり)とオフショア(船)からの両方で狙える様、ウエイトを重めに作り込みを行っているのが特徴です。目指したのは、重くて飛距離は出るが根掛かり難い!で、重いジグヘッドの最大の敵である根掛かりを出来る限りしない様セッティングとテストを行いました。ラインアイを前方鼻先に配し、ベリーは座りの良いスイングベリーを採用!また、オープンフックアイによりフックの交換が可能で収縮チューブでフックを半固定にしているのが特徴です。

根魚ゲームで避けては通れない道・・・それは、スタック(根掛かり)!
アングラーにとってもルアーデザイナーにとっても永遠のテーマであるこの「根掛かり」に、AGO Productsは本気で真剣に取り組みました!
元来、重さと根掛かりは、反比例しています。重りを重くすると底取りはし易くなる反面、根掛かりもし易くなってしまいます。逆に、重りを軽くすると根掛かりはし難くなりますが、底取りもかなりやり難くなってしまいます。特に流れの早いエリアでは、尚更釣り難く底取りが出来ず気付いた時には既に根掛かりしている・・・そんな状況での根魚ゲームほど悔しく、また、めげてしまうものはありません。
そんなロックフィッシュゲームを長年楽しんで来たAGO Productsだからこそ妥協をせず、時間をかけて、根掛かり難い重めのジグヘッドを作りあげました!
ボディ形状は、エラを張っていないフラットサイドのフィッシュヘッドに拘り、すり抜け性能を重視しました。また、ベリー(ボトム)は、座りの良いスイングテールを採用し、安定とスイングによる誘いを実現しました。
根掛かりの一番の理由は、ジグヘッドが倒れてフックが海底に引っ掛かるケースが一番多いので、倒れにくい構造に仕上げました。また、ラインアイを背中では無く鼻先に配する事で、前方のボディのメリ込みによる根掛かりを軽減し、すり抜け性能を更に向上させました。
さらに、集魚効果を高める為のブレードシステムを装着出来る”アシストアイ”と、ラバーを装着出来る”ラバーネック”を配し、よりカスタマイズの幅を持たせました。
そして、特に拘ったのがフックシステム!フックは根掛かりを軽減するオフセットフックを採用しました。フックアイについては、オープンアイ採用によりフックサイズの交換を容易にし、フックがフリーで動き根掛かりするのを軽減させる為のアシストチューブを取り付け、半固定しました。
根魚ゲームの為のジグヘッド『Vidro-ism ロックフィッシュハタヘッド』を是非、ご体感下さい!

Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD Rockfish HATA HEAD