ABOUT US

Brand concept

AGO Productsのブランドコンセプト

『釣りはもっと身近になる♪』 『長崎発信』

AGO → 次に行くの意
アゴ → 飛魚 長崎弁(方言)でアゴ

アゴ(飛魚)は、豊漁と吉兆のしるし!

アゴ風 → 秋にふく北西の風。
飛魚が日本海から南下して壱岐、対馬、平戸、五島列島に風に乗って接岸する。

長崎の地に根ざしたアウトドアブランド

以下の大きな3つのエレメントから構成されている。

1

Shootsシリーズ

shoots

シューツとは、狙い撃つ、弓矢で射るなどの意味があり、転じてルアーをキャストして狙う・・・狙った獲物を逃さない!との意味合いを込めて、ロッドの基本デザインとロゴを手掛けた長崎出身のデザイナー、小川健太郎氏が命名。
語源は、意外にも長崎の西部にあるキリスト教の聖地である出津(しっつ)地区から名づけている。
主にルアーロッドのシリーズを構成。

コンセプト:『日々のモバイル♪』
・仕事前、昼休み、仕事帰りのちょこっと釣り!
・軽自動車や軽トラックに簡単に積載できる!
・バイクの背中に背負える!
・釣果優先よりも釣りを楽しむ!
・オシャレなデザイン(アメリカンポップ)
・ブランドロゴのイメージは『カツオドリ』Shoots(狙い打つ!)にふさわしいシューティング(ダイブ)が得意な鳥


小川 健太郎氏

2

VIDRO-ismシリーズ

VIDRO-ism

ヴィードロイズムとは、『長崎的な』というような意味合いで、語源はポルトガル語の古いガラスを意味する言葉(ヴィードロ)に、イズム…的をプラスした造語。長崎を愛するAGO Products代表 入江真一が2015年に作り、使い始めた言葉。
ヴィードロは、約400年ほど前の鎖国時代にポルトガルやオランダから長崎に伝えられ、日本全国に広まり現在に至っている。
長崎発祥、長崎発信の歴史・文化・芸術・スポーツ・食など長崎的ブランドを日本全国や世界に広めるという夢を込めて名づけられた。
主に、釣具のルアー(雷魚用フロッグ)やジグヘッド、釣り用アクセサリー類などを構成している。

3

spikesシリーズ

spikes

スパイクスとは、英語のスパイクを語源としており、和訳すると「棘、トゲ」という意味を持っており、魚の背鰭(せびれ)や胸鰭などの魚のトゲの事を意味している。転じて、とんがる(尖る)や突き抜けるという意味合いを込めて、逆境を跳ね返すや常識を覆すという希望や願いを込めて命名。
主に、フィッシングやトレッキング・キャンプ・タウン着としても楽しめる、格好良くてオシャレなウエアーやキャップ・バッグなどのアパレル類で構成。
将来的にはキャンプ用品やテント、様々なアウトドアアイテムに発展させていく予定。

company

会社概要

会社名 AGO Products
代 表 入江 真一
所在地 〒850-0934 長崎県長崎市小菅町30-1-702
TEL 095-822-6272